お申込みに際して
*ご利用方法、ツアーの詳細および旅行条件書等をご確認のうえ、お申込みください。
*各旅行会社または各ホームページ等で直接お客様ご自身でご予約された場合は補助金対象外になります。必ずITS旅行センターへお申込みください。
お申込み手順&受付締切日はこちら!

旅行申込方法(WEBまたはFAX)

目的地で探す

国内ツアー

日本地図 北海道 沖縄 東北 北陸 中国 関西 四国 九州

お得プラン
旅の安心・お役立ち情報

海外旅行事前チェック

旅行保険

リンク

●JATA(日本旅行業協会)
米国へご旅行の皆様へ重要なお知らせ 

電子渡航認証システム「ESTA」について


○米国へ出発される場合は電子渡航認証システム「ESTA」の申請が義務付けとなります。

日本国籍の方、対象国籍(注1)の方が観光で90日以内の短期滞在目的で米国を訪問する場合は、査証(ビザ)取得を免除されており、ビザ免除プログラム(VWP)を利用して渡航が可能です。
ただし、2009年1月12日以降の入国は、このビザ免除プログラム(VWP)を利用して渡航される全ての渡航者(子供・幼児を含む)に対して、事前に 「電子渡航認証システム(Electronic System For Travel Authorizatio:ESTA)」に従って申請を行い、認証を受けることが義務付けられました。

●ESTAの認証については、お客様ご自身で下記専用ウェブサイトにアクセスし申請してください。
米国へご旅行される場合は、遅くとも旅行開始の72時間前までにESTAの認証を受ける必要があります。
■ESTA(電子渡航認証システム)専用サイト:https://esta.cbp.dhs.gov/


●2010年9月8日より、ESTA申請時に費用を支払う必要があります(US$14)。
●ESTAの有効期間は2年間またはパスポート失効日までのいずれか短い方となります。
●承認された場合、渡航認証・取得となり無査証で渡米が可能です。ただし、米国への入国が認めらる事を証明するものではなく、最終的な入国の決定は入国地の移民審査官が行います
●ESTAの認証取得モレ、遅れによる旅行申込みのお取り消し、またESTA認証拒否により査証が必要になった方でご旅行出発までに査証取得が間に合わない等の理由により旅行申込みのお取り消し については、所定の取消料が掛かりますので、ご注意ください。

※保留・拒否回答がありますので予約時の取得をお勧めいたします。

●詳しくは、下記ウェブサイト等を必ずご参照ください。
■ESTAよくある質問、申請サイトのヘルプ(日本語)https://esta.cbp.dhs.gov/esta/WebHelp/helpScreen_ja.htm
■外務省「米国へ渡航される方へ:ESTA(エスタ)申請について」
■米国国土安全保障省のウェブサイト(英語−日本語選択可)(https://esta.cbp.dhs.gov/)
■在京米国大使館のウェブサイト(日本語)(http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html)

注1:ビザ免除プログラム(VWP)対象国(2008年11月18日現在)
日本、アンドラ、ルクセンブルグ、オーストラリア、モナコ、オーストリア、オランダ、ベルギー、ニュージーランド、ブルネイ、ノルウェー、デンマーク、ポルトガル、フィンランド、サンマリノ、フランス、シンガポール 、ドイツ、スロベニア、アイスランド、スペイン、アイルランド、スウェーデン、イタリア、スイス、英国、リヒテンシュタイ
*2008年11月17日より下記の7カ国が追加されました。
チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、韓国、スロバキア
※ビザ免除プログラムご利用には目的、滞在日数の他に諸条件がありますので、必ず、ご確認ください。